「NFT」技術を駆使 NYに世界初のアートギャラリー(2021年3月27日)

アート

所有者の情報などを登録できる「NFT(非代替性トークン)」と呼ばれる技術を用いてデジタルアートなどの作品を展示する世界初のギャラリーがニューヨークにオープンしました。

 ギャラリー責任者、エドワード・ジップコさん:「アートの市場はこれまで年6兆円くらいだったが、NFTの市場はこの半年だけで500億円まできている。しかも始まったばかりでだ。すごいことだ」

 ニューヨークにオープンしたNFTのギャラリーでは、作品の販売も始めています。

 NFTは非代替性トークンとも呼ばれ、デジタルアートなどのデータと所有者をブロックチェーン技術で一致させることで、所有者の履歴が明確化され、より公正な取引を可能にするということです。

 22日にはツイッターの創業者による世界初の「ツイート」がNFTによって3億円を超える値段で売却されていて、作品の新たな管理方法が注目されています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp



タイトルとURLをコピーしました